読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOSデバッグ&最適化技法―for iPad/iPhone

iOSデバッグ&最適化技法―for iPad/iPhone

iOSデバッグ&最適化技法―for iPad/iPhone

私が考える、"iOS開発を始めるならこれを読め"リストに追加したい。 すごく良かった。

この本を読んでわかったこととしては、大体以下である。

  • ARCの仕組み・何が行われているのか
  • ARCを使わないメモリ管理の仕方
  • アプリのパフォーマンス計測の仕方(Instrumentsの使い方)
    • Instrumentsを使った後、そのデータからどうやって詳しく調べるか・どこを見ていくべきか

文章の途中にさらっと説明されている内容も、過不足なく丁度良かった。 Objective-Cを使った書き方(例えば、.mと.hに宣言する変数の違い・使い方)や、プロトコル(Javaで言うインターフェース?)とは・プロトコルを使ったデザインパターンの話も大変わかりやすかった。 xibについて設定しない時に、どのような基準で・どのxibが選ばれるのかという話もあってよかった。

xxという説明で、アップルのドキュメントのこれを読んだら良いということがちゃんと明記されていてありがたい。

他の本を読んでいて、なんとなくコードを書けますが、こういう場合はどういう風にコードを書いたり設計すればいいだろうと悩んでいた。それを見事に解消してくれた。

本の分量として少ないぐらいで、それよりもとても濃い内容で大満足だった。

一番最後に付いているチュートリアルが、どこにでもありき・調べればいくらでも出てくるものではなく、 花火を描画するというチュートリアルでとてもおもしろかった。(計算式についても図付きで説明があり、他の分野でも使えそうでわかりやすく大変助かった) どこの本でもやっているような、ただテーブルを表示させる等ではなくてとても良かった。

電子書籍版が出てほしい。

★★★★★